前へ
次へ

最近の町田の一戸建て事情とは

不景気だ、不景気だといわれている昨今。
そんな中でも、建町田の一戸建て住宅の販売は好調のようです。
日本の住宅事情、実は日本の住宅というのは圧倒的に寿命が短いというのはご存知でしょうか。
他国と比較をしてみると、イギリスの住宅寿命平均は141年。
アメリカ、フランスは103年。
日本は…というと、なんと30年。
この数字って、ちょっと驚きませんか?では、なぜこんなにも住宅寿命が変わってくるのでしょうか。
まず、イギリスやフランス、アメリカなどでは家は代々継がれるものという風潮があります。
さらには、街並みや景観保全のために簡単に建て替えが出来ないということが大きな違いのようです。
しかし、最近では日本でも住宅を永く大切に使いたい、地球環境にも配慮できるということで、考え方が変わりつつあります。
古民家の良さが見直されてきているというのは、こういうこですね。
これから先、町田の一戸建てがどんな住宅に変化していくのかちょっと楽しみですね。

町田の一戸建てのチラシの見方について

休みの日になると、新聞折り込みのチラシなどで町田の一戸建てのチラシなどがいっぱい入っていますよね。
購入する予定があるない関わらず、ついつい見てしまいませんか?この町田の一戸建てのチラシ、実はとてもイメージが先行してしまいがち。
例えば周りの環境など。
完成予想図などでは、電柱や電線が入っていないことが多いのです。
そのため、実際に行ってみるとイメージが違うなんてこともあります。
更に、イラストでの外観図の場合には車の大きさを少し小さく表し、家や庭を大きく見せている場合などもあります。
間取りなどは、寸法が書かれているものが好ましいです。
本格的に購入を考えている方は、チラシはあくまでもイメージとして捉え実際に見に行くことをおすすめします。
もちろん、今のところはチラシだけで夢を膨らませているという方も足を運んで触れてみてください。

Page Top